心斎橋の師匠のお店で本格フレンチを味わってきました

先日、長女の合格祝いとその報告を兼ねて、大阪の心斎橋にある師匠のフレンチのお店『ヴェルミヨン・マホロバ』に行ってきました。

私が約20年前に勤めていたのは本町の『ビストロ・ラ・ココット』というお店で、師匠が開いた最初のお店でした。ビジネス街のど真ん中でランチ850円からとリーズナブルなフレンチは通常で2回転、多い時では3回転半ほどする人気店でした。

ところが、残念なことにそのお店は手放してしまってもうなくなってしまったそうです。今、師匠のフレンチが味わえるのはここ、心斎橋の『ヴェルミヨン・マホロバ』だけです。

心斎橋で本格フレンチがリーズナブルに味わえるお店

beefランチでも本格フレンチに変わりはありません

我が家ではまだチビたちが待っているので、うかがうのはいつもお昼。それでもディナーに引けを取らないクオリティーのお料理が味わえます。それもあんまりたくさん食べれないので一番小さな前菜+メインのコース、税込1950円なり。

この日は前菜に『お肉のテリーヌ』、メインに『豚のロースト』をいただきました。(もちろん銘柄豚でしたが名前忘れちゃいました。ごめんなさいソムリエさん。)

※前菜はお肉だからメインはお魚で。とか面倒なことは考えず、食べたいものを食べましょう!!

『フレンチはソース』だとか『フレンチは素材』などとよく言われますが、私が思うにやはりこれらをすべて生かせる火入れの技術こそが料理人の良し悪しを測る唯一のものさし。この心斎橋のお店は忙しいランチ時であっても、その技術に狂いはありません。

せっかく心斎橋で本格フレンチを頂くのですから

でも、どうせなら魚もお肉も食べましょう。満足度は足し算でなく倍々の掛け算でやってくることをお約束します。事実、一番人気は前菜と魚、お肉の3皿フルコースのBコースだそうです。

お腹だけでなくお財布にも余裕があるならCコース。せっかく心斎橋までお出かけしてフレンチを頂くのですから、その神髄を垣間見るなら絶対このコースです。デザートがケーキの盛り合わせでなく、その場でしか食べられないレストランデザートになりますので、私もお腹を空かして一度はチャレンジしないとと思っています。

気に入っていただければディナーで正統派フレンチの神髄を

ディナーになれば使える食材が全く違ってきますので、フレンチの更なる深みにのめり込んでください!

chicken心斎橋のフレンチはいろいろな用途で使えます

パーティー料理やウェディングにも対応しているそうです。さらにはバー営業も!

『ヴェルミヨン・マホロバ』の店舗情報

営業時間:

11:30~14:30(L.O) 18:00~21:30(L.O)

定休日:

火曜日

住所:

大阪市中央区心斎橋筋1丁目3-10
心斎橋井上ビル1F

席数:

全36席

TEL:

06-6251-1909

FAX:

06-6282-1909

HP:

http://vermillon-mahoroba.com

MAIL:

info@vermillon-mahoroba.com

※文中の画像は『ヴェルミヨン・マホロバ』公式ホームページより転載しました。

大阪・心斎橋まで行けない方は

タルトとフランス菓子専門店『プチ・ラパン』の美味しいケーキで我慢してください。

プチ・ラパンのオンラインショップへのリンク