週刊!?プチ・ラパン通信【第6号】

復刻!?……できない事情があるのです

京都長岡京のケーキ店発行の「プチ・ラパン通信」本文

 こんにちは。今回のテーマは「衣替え。」6月に入って、衣替えされた方も多いのではないでしょうか。当、プチ・ラパンも、ショーケースの中を衣替え。ぱぁ~っと夏らしく!!…と思ったのですが、洋服と同じでセンスや好みの問題なのか(?)ヨソ様に比べると地味かも…💧

 新しく並んだのは、『ミルフイユ ド 山崎』→シンプルなミルフィユのカスタードクリームに、サントリーウイスキー「山崎12年」をほんのちょぽっと使用。お酒っぽさはナイけれど、何だかおいしさだけUP⇗しました。ありとなしを比べてみたけど、「あー!!!絶対ありの方に🚩!!」山崎はすぐ近くだし(この山崎は島本町山崎であって大山崎ではないけれど、)地元っぽい愛着もあったりして☺❶イチオシです。

 『フォンテーヌ・ブロー』→スポンジ生地に、フランボワーズ(木イチゴ)のシロップをしみ込ませてあり、フロマージュブランの上層はムース、下層はクリームになっていて、下層のクリームにはミックスドライフルーツ(レーズン,クランベリー,パパイヤ,パイン)が入っています。フロマージュブランは非加熱のフレッシュチーズで、チーズケーキに使っているクリームチーズとは全然違うものなのだそうです。共にフランス産ですが、当のフランスの方には、「チーズをケーキに!?甘いチーズなんて変っ、気持ち悪っ」って言われたそうです。―――納豆ケーキ…みたいな感じ?うまくやればおいしそうやけど…うまくやれば。

 それから、『フルーツロール』『ベリーのタルトレット』も、ありますが、紙面の都合でまた次でご紹介することにします。

 いつもありがとうございます。 では、また。

週刊⁉プチ・ラパン通信第6号より

プチ・ラパン通信
手書き原稿

プチ・ラパン通信第6号

新着商品
関連記事

商品情報ページへのリンク
京都長岡京【タルトとフランス菓子専門店】プチ・ラパンの商品情報ページ
あわせて読みたい
仔兎図書館
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする