旬のフルーツ

週刊!?プチ・ラパン通信【第42号】


発行当時の回想

 ずっと、レストランで働いてきました。だから、ケーキ屋さんの常識を知らなかったりします。

 プチ・ラパンでは暖かい時季には「苺ショート」も「モンブラン」もありません。それは寒い時にかき氷を作るくらいおかしなことに思えるのです。材料は年中手に入るし、決して作れないわけではないのですが。

小さなお店で、小さなショーケースのプチ・ラパンでは「今」しか食べられないものを並べたら、ほかのものが並ばなくなるのです。。。

 

週刊!?プチ・ラパン通信【第42号】 2008.3.11

 こんにちは。いつもありがとうございます。寒かったり、暖かかったりして体調管理が大変ですね。元気が1番。おいしいものを食べて、心身共に元気いっぱい春を迎えたいものです。

 おいしいもの、と言えば、その季節の旬のものがあると思うのですが、今はいつでも何でもあって、知る事すら難しいですね。よく「モンブランはないの?」ってご質問いただき「季節がら入れ替えで…」とお返事すると笑われたりして…(?)…確かにマロンペーストやクリーム、缶づめでありますから、作れますが、小さなショーケースに「今、おいしいモノ」を並べたいので、栗じゃなくていいかなと。私もモンブラン大好きな人なので、ウチのおいしいのが“ないってなんやねん💢”位、さみしいけど、又会う日までお楽しみ♡で、「今おいしいモノは?」ってフルーツ屋さんに尋ねたら、「デコポンとか、どう?」って、教えてくれたので、タルトレットにしてみました。季節のタルトレットの枠(?)にしばらく並べます。

 タルト台にアーモンドクリームを入れて焼いて、シュークリームと同じクリームをしぼった上にデコポンをのせて、コーヒー風味のハチミツレモンソースと、エストラゴン(タラゴン)というハーブが散らしてあります。柑きつ類でもすっぱいと食べない私ですが、これ、おいしかったです。ぜひ、お試し下さい。あんまり沢山並んでないのでなかったらごめんなさい。(他のものでもご連絡頂ければご用意できるものもあります。)

 あと、今月も青空個展市へ行きます。3月20日(木・祝)に、バンビオ広場であります。お店にないもの持っていくのでぜひぜひ来てみて下さいね。お店も営業してます。よろしくお願い致します🌷

 

 プチ・ラパンのケーキはちょっとムズカシイ。

 聞いたことないハーブやスパイスが使われていたり、想像できない組み合わせのケーキだったり。

 皆さんとのこんくらべの毎日。なかなか売れないから辞めちゃう。でも普通のものは作れない。。。

 だいたいはへこたれてしまうのです。

 

 

プチ・ラパン通信をダウンロード

保存

保存


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です