春は苺

週刊!?プチ・ラパン通信【第41号】


発行当時の回想

 幼稚園(正しくは託児所でしたが)に通っていたころ、帰りに途中の蓮華畑で無人販売している苺を買ってもらうのが楽しみでした。だから、苺の季節は春と思っていたのに。。。最近になって『冬』だよっていう人がいて驚きました。クリスマスがあるから?

 プチ・ラパンで使う国産の苺は11月半ばころから出てきて5月から6月に終わります。数が出てくると、このケーキにはここの産地のこの品種って指定して持ってきてもらいます。

 作物の旬がいつかなんて、今目の前に歩いている人が男性なのか女性なのかを区別するのと同じくらい難しくなっていますが、やっぱりケーキにしておいしい苺は2月を回ってから。お値段もお安くなりますし。

 

 

週刊!?プチ・ラパン通信【第41号】 2008.3.3

 こんにちは。いつもありがとうございます🌼心なしか寒さも和らいで来た様な。このままほどほどに暖かくなるといいのですが。(STOP!温暖化。)春ですねーと言うことでご覧頂いたとおり、プチ・ラパンのショーケースはイチゴだらけっ💧。…「モンブランは?」とかのお言葉もございますが、「時季」というものもありますので(お好みの問題もありますが、)せっかくおいしいイチゴです。どうぞお試し下さいませ。ミルフイユは見た目もかわいく食べておいしく。タルトレットはイチゴ盛りもりに自家製ジャムで仕上げ。タルトレットの台の方にもイチゴが埋もれてますよ。苺ショートも次季はお休みになるので今のうちだし、おススメはフレジエ。メロン果汁入りのマジパンがのっかって、イチゴの赤とこの緑がちょっとかわいらしく、中身はイチゴいっぱいのすきまにバタークリーム。バタークリーム!?しつこくないの?と思われるかもしれませんが、ぎゅうぎゅうに入ってるイチゴがジューシーで全然。さっぱりです。どの商品もびっくりなのが苺の量ですよ。発注してた苺が足らん!?とアセるくらい(笑)使ってます。イチゴとかフルーツ、あんまり好きじゃない私ですが、「あら、おいしいね」と思ってしまうこの春商品、ぜひお召し上がり下さい。(デリス…シリーズももうちょっとしたら中身、変えるそうです。) あと……

 ホワイトディにどうかと思って「ジュエル」という名のきれいな箱に生チョコレート2種を販売いたします。プチ・ラパンのケーキに使うおいしいチョコレート。きっと喜んで頂けるハズ。「○○様の分」って、大切にご用意したいのでできたらお早目に、ご予約下さい。(951-0086)

 ご来店もお待ちしております(*^^*)

 

ケーキ屋さんになってから季節の移ろいを苺で感じるようになりました。

国産苺がアメリカ産に変わりまた国産に変わって。。。

そうして一年があっという間に過ぎていきます。最近は苺が切り替わるたびに体がしんどくなってきました。。。

 

プチ・ラパン通信をダウンロード

保存

保存


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です