プチ・ラパンのケーキはすべて手作り

週刊!?プチ・ラパン通信【第11号】


発行当時の回想

ケーキ屋さんから見ると小さな調理場ですが、レストランの方にすれば羨ましい位のサイズだそうです。

最近はもう少し調理場削って、少しでもイートインしやすいスペースを作ればよかったと思っています。

 

 

週刊!?プチ・ラパン通信【第11号】

 こんにちは。いつもありがとうございます。今回は、「意外に多いお客様からのご質問」①です。ま、私にとって意外だっただけなんですが…

 よく聞かれるのが、「あ!ここで作ってるんですか。」という様な事です。よそに工場でもあると思われるのでしょうか、ほんと小さな店ですものね、外からショーケースの品物選べるくらい(^_^)!!

 売り場こそちっちゃな店ですが、店に向かって左半分(以上)は(シルバーの波板部分は)厨房です。

 シェフの知人のフランスの方が来て下さった時に、「中、見せて~」って見てひとこと「…台所の方が広いね…!」って言いました。(台所って…💧まぁ、そうかな?)な位、な所で、ちっちゃいシェフがほぼひとりで、せっせと商品を作っております。「手作りですか。」とかもよく聞かれますが、そういう意味では、手作りですよね。ここで作って、ここで販売しております。

 ですので、売り場にあと1つ…。あと2つ欲しいんだけど?とかでもご相談(と、お時間を)いただければ、ご用意できたりもしますので、とりあえずお声かけ下さい。ただほぼひとりでやっているので無理な事もあります。その時は、申し訳ありません。店としては2人で頑張っております。今後とも皆様に愛され続けるお店であるよう努力して参ります。よろしくお願いいたします。

 (ケータイサイトにて色々情報発信中!よろしくおねがいします。)

 

一生懸命宣伝していますがこのケータイサイトは閉鎖しました。やっぱり主流はスマホですので。このページもスマホできれいに見える・・・・・・はず!?

 

プチ・ラパン通信をダウンロード

 

プチ・ラパンの最新情報はこのサイトで

プチ・ラパンの最新情報【仔兎菓子報】プチ・ラパンの最新情報はこちらから確認できます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です